ノキシタ Blog

広島で2歳半差兄弟との日々

4歳半 やっとトイトレ完了!

f:id:nokimama:20190626142014j:plain

 

長かった長男のトイトレがついに完了しました!!!

 

3歳には小なら昼も夜も完璧でしたが、大の方がなかなか。。

3歳3カ月ごろ保育園の先生に相談したら、「今できるようにならないと、なかなかおむつはずれないよ」と。、、その時も焦りましたが、前からも何度もトライしていたんです。

 

2歳ごろから、脚のサイズに合わせた足置きのステップを作ったり、明るいトイレの環境、ご褒美シールを設置する、成功した時のプレゼントの準備など整えてました。

 

f:id:nokimama:20190527122220j:plain

(果物と野菜が赤ちゃんのころから好きな長男にはぴったりでした。oisixのおまけ)

 

音が鳴るキャラクターの補助便座にも、定番のご褒美シールにもあまり興味がなく、プレゼントがあるよと物で釣ってもだめで、4歳の誕生日を迎える頃に、本人は「まだ3歳だからできない。4歳になったらできる」と言っていたけど、誕生日を終えてもなかなか。大の時は、オムツに履き替えてトイレにこもってする。出たら、親を呼ぶという流れ。。。

4歳2カ月「もう4歳になったし、できるんじゃない?」と言っても「5歳になったらできる。」とやる気ゼロ。

 

3歳半ごろまではトイレに入るものいやで、「大人みたいにトイレでしよう」「その方がかっこいいよ」と毎回しつこく促して、やっと3歳半でオムツに履き替えた後、トイレの個室に入って、用を足すようになりました。

 

ご褒美シールに興味が出始めたのは、ピアノを習い始めた4歳3カ月ごろ。最近です。ピアノの習いごとでそのページができたら、シールがもらえるというパターンが分かって、はじめて『ご褒美シール』の嬉しさの意味を分かったのだと思います。

 

でも最大の効果はシールよりもやっぱり、プレゼントです。初めのプレゼントは大きいダンプカー。2回目少ししか出なかったけど、初めの大きいトラックに乗せることができるブルドーザー。それぞれ、パパが長い間保管していたもの。

 

f:id:nokimama:20190527111939j:plain

 

大きいのがインパクトがあり、「またほしい!」を促進したのだと思います。3度目以降は大きいものはもうないので、以前お下がりでもらっていて保管していた、ハッピーセットの電車を一つづあげることになりました。

 

段階的には 1回目:大きいトラック

      2回目:付属のブルドーザー 

      3回目:大きいトラック用の電池(イカツく光ります)

        4、5回目:ハッピーセットの電車

      6回目以降:シールのみ

 

いずれもご褒美シール付き

 

今6日経ちましたが、まだ(駄目もとで)「プレゼントちょうだい!」と言ってくることはありますが、「シール貼ろっか。」というとおもちゃに執着することなく、すぐに切り替わってシールで満足しています。今はシールを1枚全部埋めることに夢中になっているようです。

 

今回完了したきっかけは、よくある「ゆるい時についでに」でした。

 

当時、保育園から歩いて帰るときに「もしかしたらパンツにウンチがでちゃったかも」と言い(実際は出てなかったですが)、家に着くなり「おしっこー!」とトイレに行きました。チャンス到来☆

 

用を足すとき、家以外では洋式でも立ってしますが、家ではトイレに向かって前向きに座っています。(補助便座を設置するのがめんどくさいようです)そのまま座って、「おしっこでたー」と言っていましたが、私が「まだ座ってて」と言って、そのまま座らせて、座っている事で意気まずに、出すことができました。

 

その日ははじめて、ゆるいのが少し出すことができたので、大いに褒めました。それからシールを貼って、夜にパパが帰ってきてからプレゼントを渡しました。

 

次の日やっぱりゆるいのが昨日よりは多いかな程度出ました。またトイレでできたので、プレゼントとシール。その日何度かゆるい大が出て、何度もトイレに座って用を足しました。その度にシールとプレゼント。

 

3日目には、もう「オムツ出して」とは言いませんでした。「トイレ行く」でした。まだ少しゆるい感じでしたが、もう普通に出せることができそうでした。

 

うちと同じように、4歳になっても5歳になっても、大だけオムツでって子は、いると思います。

 

保育園の先生に相談しても、園では大をしないので、「がんばってください」しか言われないし、焦りを覚えるときは、「なんでできないの!?」とか言っちゃったりもしました。その度に、「オムツの期間長引いたな。」なんて反省していました。

 

いつかは取れる、小学生までには取れると自分に言い聞かせながら、焦る気持ちを抑えたりもしていました。おむつ代がかさんで気になるところですが、親は応援セットを整えて、本人の気持ちを待つしかないんですよね。

トイトレ応援中のパパママの参考になれば幸いです。